エンジニア(Engineer)

キャラ選択画面

42px-Engineer.png

ゲーム中

エンジニアpx90.png

解禁条件

"Purchase 40 drones total."
 Droneの購入を合計40回行う。
  • 破壊されたドローンの再購入もカウントされる。

ステータス

Base Health Health Per Level Attack Speed
170/120 HP 34 HP Slow


アビリティ

イメージ 名称 説明 クールダウン
Engineer_Skill_1.png Tri-nade 80%ダメージの弾むグレネードを3つ前方に放出する。敵に当たるか4回バウンドで爆発する。 0秒
Engineer_Skill_2.png Bounding Mine 300%ダメージの地雷を足元に落とす。15個までストックできる。 6秒/1個
Engineer_Skill_3.png Thermal Harpoon 250%ダメージのホーミングミサイルを4発上方に撃つ。 5秒
Engineer_Skill_4.png Auto-Turret 3x100%ダメージの弾を30秒間打つタレットを足元に設置する。2個までストック・同時設置できる。 40秒/1個

使い方

概要

高火力の地雷やタレットを設置出来る上、ホーミングミサイルで視界内全範囲を射程に捉える遠距離タイプのキャラクター。
敵を水平の斜線上に捉える必要が殆どなく、「攻撃出来るタイミングと場所」をはからずとも攻めを維持できる。
序盤から十分な攻撃範囲と火力を発揮出来るが、移動速度が遅く戦線の離脱や探索に時間が掛かりやすい。
遠距離には強いが、近づかれると足の遅さがより目立つ。
加えて回避アビリティが無くジャンプでかわすしかないので、囲まれるとあっと言う間に死んでしまうこともしばしば。
エンジニア(技術者、工兵)の名の通り、せっせと地雷やタレットを設置しあの手この手で時間差攻撃をしかけてやろう。

アビリティ解説

Tri-nade

  • まあまあの連射速度、全弾当たれば優秀なダメージ、下方への攻撃が可能となかなか優秀。
  • ただし射程は中距離程度にとどまり、ノックバックはほぼ無しの単発攻撃。
  • 1度で3発発射するため、確立発動の攻撃アイテムと相性がいい。軌道はそれぞれ異なり、前方へ飛ぶ勢いが違う。
    • 一番勢いの弱い1発はかなり手前で爆発してしまうため、3発全部当てる場合かなり接近しなければならない。
  • 決して悪い性能ではないのだが、他のアビリティが優秀なせいでちょっと影が薄い。

Bounding Mine

  • 地雷は敵が接触すると爆発し、ごく狭いが範囲攻撃の爆発が起きる。
  • 300%というなかなかの火力に加え、15個までストックでき、同じ位置に複数設置できる。
  • 設置時の隙が無いのでこれを撒きながら敵から逃げるだけで敵は自分から地雷へ突っ込む。
  • 空中で使用した場合、真下にポトポト落下する。これを利用し上空から地雷で爆撃することも可能。
  • ただしストックを溜める方法は時間経過6秒のみ。
    • これは通常のクールダウンとは異なるのか、基本的にアイテムによる短縮は出来ない。
    • (Alien Headでのみ短縮が可能?)
  • ストック数はエリアをまたいで保持される。またゲーム開始時の所持数は7。
  • 「Bounding Mine」とあるが別にボインボイン跳ねまわるわけではない。これは対人地雷の一つ「跳躍地雷」のこと。
    • 踏まれると地中でまず爆発して空中に飛び出し、さらに爆発することで殺傷力を高めたものをいう。よく見るとゲーム中でも小さく飛んでから爆発している。

Thermal Harpoon

  • 非常に優れた性能を持つエンジニアの主力アビリティ。クールタイムも5秒と性能に比べ短い。
  • ミサイルはエンジニア自身から一番近い敵めがけて飛び、その敵が死んだ時は次に近い敵に飛ぶ。
    • 敵がいない場合はすぐ消滅する。
  • 画面内全域が探知範囲で地形を完全に無視するため、敵さえいるならば撃たない理由が殆どない。
    • ただし「画面内全域」(実際はもうちょっと広い)は他のホーミング攻撃に比べるとかなり狭い。
  • 弱点を言うならば、4発を一度でなく連続で発射するため発生が遅く即効性にかけ、更にその間足が止まってしまうこと。
    • 発射モーション中は移動ができず、垂直ジャンプだけが可能。
    • しかし空中で発射すれば着地するまでは左右移動できる。そして滞空時間はアイテム次第でどうにでもなる。

Auto-Turret

  • タレットは周囲に敵がいると攻撃を行う。探知範囲・攻撃範囲はそれなりの広さ。画面端までは流石に探知してくれない。
  • 攻撃間隔は短めで、30秒間ずっと攻撃させてやれればかなりの総ダメージ底上げになる。
  • 火力補助としても有用だが、もっと便利なのが敵の攻撃対象になる点。
    • 雑魚敵は結構タレットにかかりっきりになってくれるので、囮として使えばエンジニア自身は安全に攻撃できる。
    • 一部を除きボスも引っかかるので、回避も無敵もないエンジニアだが生存能力は中々高い。
    • あまりに攻撃が集中すると30秒もたずに壊されてしまう。耐久はけっこうな量があるが、出来れば支援攻撃してやりたい。
  • 空中で使用した場合、真下の地上に設置される。

主な戦い方

ソロプレイ

ソロでは周囲に地雷を埋め込んでタレットを囮にし誘い込んだり、逃げながらホーミングミサイルと地雷をまきつつ逃げる戦法が使いやすい。
また、地形を活かした戦いが非常に有効なキャラクターでもある。
ホーミングミサイルは画面内に敵がいさえすればいいので、敵が来ようがない壁の向こうや高台から一方的に攻撃でき、
地雷はロープに掴まり敵を自分の下に集めてからジャンプ、地雷投下、ロープに掴まるの繰り返しで簡単に敵を殲滅できる。
ロープ以外ではジャンプ台があればホーミングミサイルをひたすら撃つだけで安全に敵を排除可能。
ただし上方に攻撃できる敵、ワープする敵と飛行敵には注意。
タレットは敵の攻撃対象になる為、囲まれた際は慌てずにタレットを設置して囮にした後攻撃しよう。
武器としてタレットを使う場合はできるだけ崖や壁際に設置すれば、方向転換することもなくなるので効率が良くなる。

マルチプレイ

マルチでは、敵の攻撃対象が分散するのでより安全に攻撃を展開できる。
エンジニアはホーミング・タレット・地雷と敵をあらゆる局面で攻撃できるので特にその傾向が強い。
マルチプレイの相手では、エンフォーサーやエイクリッド等の近接型と相性が非常に良い。
特にエイクリッドは地雷を埋めた場所に毒を設置してもらうと敵がみるみる内に溶けていく。
彼らが苦手な飛行タイプの敵はホーミングミサイルで打ち落としてあげよう。

アイテム相性考察

攻撃面においてはAtG Missile2種や、取得すれば小爆発で範囲攻撃になるBrilliant Behemoth等が非常に相性がいい。
離れた場所から撃破する為、GasolineやWill-o'-the-wisp等を取得した状態で敵の集団に攻撃をぶち込むと面白いように殲滅できる。
反面、近づいて戦う事は少ない為、自身周囲にダメージ付与系のアイテムはエイクリッドやエンフォーサーなどの近接の人に譲ると良い。
防御面においては、移動が致命的な弱点なので移動速度UPを一つ取るだけでも生存率が違う。
Photon Jetpackを取れば空中で安全にBounding MineやThermal Harpoonを使えるため、もし見かけたら是非頂こう。
赤(High Priority)なので取得は難しいが、Hoopoo FeatherやRusty Jetpackを積むことでも代用可能。
敵移動速度低下のアイテムも持っておくと、設置したタレットを破壊しにくる雑魚を足止め出来るのでこちらもお勧め。

コメント

  • アビリティ画像がbanditのものになっていますよね? --- (2013/12/10 23:06:09)
  • 本当だ、ステや説明はエンジニアのものみたいですが、画像がバンディットですね…… --- (2013/12/11 00:45:40)
  • 画像。修正しました。 --- (2013/12/11 19:29:44)
  • Tri-nadeは3回目の接地で爆発すると思われます --- (2014/01/04 19:40:28)

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証

  • 最終更新:2017-08-03 11:59:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード